上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

もうあの暑かった、そして熱かったイベントから一ヶ月が過ぎたんですね。…ホント、早いものです。

前回の自分のセットリストを簡単に振り返ると、一回目の初っ端に、映像見たら驚くかもね♪と思ってて、してやったりの反応の良さがあったIN EXTREMOから始め、マキシマムザホルモンや、MUSEというこれまでならきっと掛けなかったものも、サマソニに出てたし曲そのものはメタルだよ~、って言い訳がましく廻し、予定には入れてなかったけど、遊びに来てくれたお客さんのリクエストの多いGUNS 'N' ROSESを掛け、今月にリスニングパーティを控えるSKYLARK、自分にとって最初のHMであるX、そしてやはりリクエストを見て、咄嗟に廻すことにしたSONATA ARCTICAで〆た一回目はミスが度々あったものの、流れは良かったと思う。

2回目は自分の前のakiちゃんの選曲が神懸かりな流れで、なんて嫌な流れの中の次になんて選曲をしちまったんだorzとかつてないプレッシャーの中、廻す前に自分の空気を作りたかったがために、これまでならやらない"MCからスタート"ということにチャレンジしてみた。…まぁね、「神様ごめんなさい」は如何なものか?と思うが、それだけ前のakiちゃんが良い選曲をしていたと、身内ながら褒め称えたいです。

そんな中始めた2回目。WALTARI⇒NASUM⇒MARDUKの流れは決して悪くない"はず"なのだが、やはりマイナーなのを3つ続けたのと、始めのMCでお客さんを引かせてしまった私のせいで、泣きそうなくらい盛り上がらない。瞬間瞬間で襲い掛かる"いっそのこと死んでしまいたい"と思うakiちゃんから全く流れを引き継げなければ、自分の流れにも出来なかった自分に情けなくも思う。

マイナーなのは、はじめ3つだけで収まらず、全曲でやってしまったということもあり、今後自分なりに反省しなければ絶対にならないだろうなぁ、ということは強く思った。しかし不思議なもので、これを経験してしまえば、もう怖いものなんて何もない、と思ったのも事実だし、割かしこの2回目の流れが評判悪くないのも事実だったりして、会場の盛り上がりとは別に"Tsutomuらしさ"が最も出た回だったではないでしょうか。

3回目は、完全に凹んだ2回目の影響が強く、再度MCで"さっきの借りはここで返す!"と叫び始めたわけですが…さぁ皆様ご一緒に!「チ・キ・ン」とお叫びください。えー、チキンですよ。認めますよ。(泣)

ROYAL HUNT⇒PRETTY MAIDS、の流れが想像を絶する盛り上がりを見せてくれたもので、DIZZY MIZZ LIZZYは選曲を"Thorn In My Pride"からビビッテ非常に無難な"Glory"に変更しました。"Glory"の流れた際の盛り上がりとは別に、指を指し笑うリーダーS.A.T.O.氏を筆頭に、DJ全員に笑われるという屈辱を味わったのが物凄く脳に刻み込まれた恥ずかしい出来事でしたし、その後もDJブース内で起こるコントのようなある方とのやり取りに苦笑いしつつ、大幅にセットリストを弄って、盛り上げることに徹した3部は、過去自分がDJをやった中でもハイライトになる盛り上がりを見せてくれました。お客さんに感謝です。

かつてない程幅広い選曲だったMETAL INSANITY、来ていただいた方にはお世辞だとしても、大変評判の良いイベントとなりました。これに驕らず、より良いメタルイベントとして前進して行こうと思いますので、指示してくれる皆様、今後も楽しみにお待ちください!

次回の予定はまだ正式には決まってませんが、12月ということに落ち着きそうですので、"メタル忘年会"ということで、大騒ぎしてやるって気持ちで遊びに来ていただけたら幸いです。しっかり決まった際は、出来上がっているフライヤーとともに日時も明かされるでしょうから、楽しみにしていてください。

長くなってしまいましたが、あと一つ、読んでくれている方に宣伝がございます。
スカイベ

日時:9月30日(土) 21:00 ~ All Night
場所:新宿 Rock Inn Current
チャージ:2000円 / 2ドリンク
DJ:Jin 、S.A.T.O. 、Koh 、YAMA-ZK 、Sadao 、Tsutomu
Special Guest:Eddy Antonini (SKYLARK)

詳細はコチラで見てもらいたいわけですが、まずSKYLRAKのリーダー・Eddyが自分達を最も指示してくれている日本のファンの率直な意見を訊きたいということで、今回の新作試聴会が行われることになりました。

そう率直な意見です。嘘偽りのない聴いて思ったままの感想をEddyにぶつけて欲しいと私は思っております。

バンドのリーダーがいる中で、率直な感想であり意見、質問も受け付けるイベントになると思います。類稀な機会をSKYLARKのファンを自認する方々には是非是非来て、今思うSKYLARKに対する熱き思いをEddyに直接ぶつけていただきたいと思います。

そんなステキなイベント、滅多にありません。この機会、試み、皆様、遊びに来ていただき、体験して頂きたいと強く思っております。皆様、是非遊びに来てくださいませ!

このSKYLARKにおける、DJについてのコメントは近いうちにここで書かせていただきますのでお楽しみに。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

とうとう明日です

METAL INSANITY Vol.V Set List

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。